HOME > 乳児湿疹が見られる場合の使用について

乳児湿疹が見られる場合の使用について

乳児湿疹は生後1~2ヶ月頃によく見られますが、その時期や期間には個人差があります。乳児湿疹がひどい時は、見た目にも赤くなってかゆそうですし、このまま治るのか不安になってしまうお母さんも多いです。乳児湿疹とともに脂漏性の湿疹もあります。脂漏性のものは皮脂の分泌が多い前頭部や眉毛のあたりなどに黄色いかさぶたのようなものができます。こちらはお風呂の際に石鹸をつけてガーゼなどでやさしく洗うことによって、目立たなくなっていきます。

湿疹は汗をかいたり、ミルクなどが顔についたりすることでも刺激になるので、清潔を心がけるようにしましょう。乳児湿疹が出始めたら、早めに小児科や皮膚科などの専門機関を受診することをすすめします。ステロイド系のお薬を赤ちゃんに処方処方されると不安に感じられる方もいらっしゃいますが、短期的に使用するのには問題ないと言われています。乳児湿疹の症状がひどくなってから、長期的にお薬を使用する方が好ましくありません。処方された通りに使用方法を守って適切に使いましょう。効果を感じられなかったり、使用方法などに疑問を感じたら、他の医療期間でセカンドオピニオンを求めるのも選択肢の一つです。赤ちゃんのために信頼できる医療期間で受診しましょう。

⇒ 粉ミルクらぼHomeへ

お役立ち記事

⇒ 作りおきは何時間後まで?

⇒ うんちのチェック

⇒ ウオーターサーバーを賢く利用

⇒ 海外の粉ミルクってどう思う?

ページトップへ戻る
Copyright(C) 粉ミルクらぼ All Rights Reserved.