HOME > 粉ミルクを飲んでくれない我が子

粉ミルクを飲んでくれない我が子

初めての子を産んだ時、母乳が足らなかった事で粉ミルクとの混合で育てました。

仕事は休んでおり沢山赤ちゃんと触れ合える時間があったので、母乳が足りていれば粉ミルクは時間としては必要がない環境でした。いざ自分が外出の時は粉ミルクを飲んでくれる赤ちゃんの場合、預ける事ができるのでとても好都合だったりもします。ミルクの成分も栄養価としては安定していますし、母乳よりも腹持ちも良いと言います。

良い面は沢山あるのですが、赤ちゃんも自我が芽生え好みが出てくると母乳と粉ミルクの味と飲み口の違いを知って哺乳瓶を嫌がったりもします。我が家でもまさにこの状態が数か月続き、この時は本当に悩みました。母乳の方がよく飲むけれど量が足りず吸わせても出ないので泣くばかり、だからといって粉ミルクも拒否して泣く、自分もどうしたら良いかわからず赤ちゃんと一緒に泣く、と全て悪循環です。

また始めのうちは産婦人科へ定期検診に行き、赤ちゃんの体重を計り母乳の状態や飲み具合、体重が順調に増えていないと看護師さんから指摘を受けたりもします。

 

生後2週間で体重測定に行った時の事です。

赤ちゃんもうまく吸い付くことができず体重が思うように増えておらず、このままだともう一度赤ちゃんを入院させないといけなくなるよ、と病院から言われてきました。それから必死にどうにか飲ませ、そのうちに母乳も少し増えてきたので粉ミルクをメインにして夜の母乳を絞って凍結させて、どうしてもミルクを嫌がった時などに解凍して母乳に切り替えるなどして工夫をしました。といっても絞り置きできるのも毎日は難しく、たまたま母乳の出が良い日に運よく搾乳できるだけなので、本当に最後の手段で凍結した母乳はとっておき、ほとんどは嫌がるミルクを騙しながらなんとか飲ませている状況でした。

赤ちゃんもちゃんと気持ちがあるので、粉ミルクが好きな子やわが子のように母乳が好きな子など様々です。こればかりは好みなので仕方がないとわかるのですが、まだ母乳やミルクだけしかあげられない4、5カ月までの時期はそれでも飲んでくれなければ栄養失調になってしまう瀬戸際です。それこそパソコンを開いては同じような方のスレッドを探して読むことで気持ちをリセットしたり、哺乳瓶の口に至っては色々な種類を試してみたり、努力の5カ月でした。

⇒ 粉ミルクらぼHomeへ

ページトップへ戻る
Copyright(C) 粉ミルクらぼ All Rights Reserved.