HOME > ミネラルウォーターがお湯まで出ると便利

ミネラルウォーターがお湯まで出ると便利

私は1児の子どもを持つ母親です。今は母乳がきちんと出るようになり、ミルクが必要なくなりましたが、出産後しばらくは母乳がうまく出ずに、母乳と並行して粉ミルクを使用していました。その上で感じたことや感想を以下に述べたいと思います。

まずはじめに、ミルクを作ること、哺乳瓶を消毒することが私には面倒で仕方ありませんでした。ミルクは一度与えたらきちんとブラシを使って洗い、その上で消毒液につけておかなければなりません。その消毒液も、1日しか持たないもので、1日1回取り替え、再度水で消毒液を薄めるという作業をする必要がありました。ミルクを飲ませてその後きちんと寝てくれるかどうかもわからない状態で、更に哺乳瓶を洗わなければならないのはかなりの苦痛でした。

また、大きなショッピングモールなど授乳室があり、すぐにお湯が出る環境がある場所に行くならまだしも、友人の家に行く際や食料品の買い物に行く際などはミルクを作るのも一苦労で、私は一応何かあったとき用に持ち運べるポットにお湯を入れ、消息しておいた哺乳瓶を持ってでかけるようにしていました。自宅にいるときでも、夜中の粉ミルクを作る作業の面倒くささは何とも言えないものがありました。

ただでさえ長時間続けて寝ない子供と一緒にいるので、自分の睡眠時間もかなり削られている中で、子どもが泣いたらミルクを作り、次あげるときのために哺乳瓶を洗うということはものすごくしんどいものでした。

場所は取るけれど

そんな大変な中、唯一助かったと思ったのが、試供品で使用することができたミネラルウォーターのサーバーでした。そのときはちょうどキャンペーン中だったので、無料でお試しすることができたのですが、それ以前はミルクを作るときにミネラルウォーターのペットボトルをお店で購入し、ミルクをあげるたびにヤカンで沸かして作っていました。我が家にはポットもなかったので…。そのため、レバーを下げるだけでミネラルウォーターのお湯まで出るこの商品を使用することでかなりミルクをあげるのが楽になりました。本当に頼んでみてよかったと思い知らされました。

それ以外にも、粉ミルクは栄養価も高いため、あげる時間が決まっているので、泣いていても抱っこしてあやすことしかできなかったりと子どもにもかわいそうな思いをさせているのではないかと不安になることもしばしばありましたし、子どもの体重や育ちを考えながら量を変更するなどして与えなければならないというのも大変な気苦労がありました。幸い実家も近くにあったため、相談できる人がいてくれたことが救いだったと思います。

現在でもまだ母乳をあげていますが、ミルクをあげていた時期があっただけに、今の母乳だけの現状が楽で楽で仕方ありません。育児もすごく手軽に、楽しみながらできるようになったと嬉しい思いでいっぱいです。

お役立ち記事

⇒ ウオーターサーバーを賢く利用

⇒ 粉ミルクらぼHomeへ

ページトップへ戻る
Copyright(C) 粉ミルクらぼ All Rights Reserved.