HOME > Combiの哺乳瓶teteoを使った感想

Combiの哺乳瓶teteoを使った感想

Combiの哺乳瓶teteo

哺乳瓶を比較検討したときのチェックポイント

私が哺乳瓶についてまず最初にチェックしたのは、乳首の形と穴の数です。基本的には母乳で育てるつもりで、あまり吸いやすい哺乳瓶だとそれが楽すぎておっぱいを吸ってくれなくなると聞いていました。

乳首の形は実際のものに近く、穴は少な目でそれなりに強く吸わないとでないものの方が良いと思っていたんです。

また、素材も持ち歩くときに便利そうな軽いものにするつもりで、より軽いものを探していました。実家が遠く育児に関しては両親を頼れないので、すぐにでも外出できるように、哺乳瓶も持ち歩きを前提として選ぶつもりだったんです。

もちろん値段についても、安全な製品であることは大前提としつつもできるだけ安いものが良いと思っていました。

購入前に不安を感じていたこと

ネットで調べたところ、哺乳瓶の乳首の形が気に入らないと赤ちゃんがなかなか吸ってくれなくて、乳首ジプシーをするはめになると言われていました。

とりあえず形が違うものを2種類くらいは用意しようと考えていたものの、そのときはまだ子が産まれてもいなかったので、本当に吸ってくれるだろうかと不安でした。

母乳育児を目指すとはいえ、私が病気等になる可能性がないともいえず、もし母乳もあげられないのに哺乳瓶のせいでミルクも飲んでもらえなかったらと思うとこわくてたまらなかったんです。

Combiの哺乳瓶teteoを選んだ決め手

私はアカチャンホンポで「Combi」の「teteo」という哺乳瓶を買ったのですが、決め手となったのは、哺乳瓶と消毒器、哺乳瓶用のブラシ、種類の違う乳首のスペアがセットになったものがあったからです。

消毒については、めんどくさがりやの私でもできそうなレンジでチンするタイプにしようと最初から決めていたので、それもセットになっているこれをひとつ買っておけばとりあえず安心かなと感じました。値段もそれぞれを個別に買うよりはお得でした。

Combiの哺乳瓶teteoを実際に乗って感想

実際に哺乳瓶を使ったのは、今のところ子どもが新生児のころだけなのですが、吸いつきもよくだからといっておっぱいを嫌がることもなかったので買って良かったなと思っています。ポリプロピレン製で軽く、持ち歩きにも支障はありません。

乳首部分やそれと哺乳瓶とをつなげているパーツもそれぞれ取り外して洗えるので、メンテナンスという意味でも簡単で安心だと思います。耐熱温度も高いので、レンジでの消毒にも使えて助かっています。

ただ、乳首の内側の先端部分は、哺乳瓶専用ブラシがないと洗うのは難しいかもしれません。私の場合は、購入したセットの中にブラシもあったのでそれを使っています。隅々まで洗えて便利です。

最後に

改善して欲しい点をひとつあげるとするなら、乳首部分が少し弾力がありすぎる?ことです。子どもの口にくわえさせようとしても、押し戻されてしまうことがあるんです。

もう少し柔らかければすっと口の中に入れ込んでしまえるのではないかと思うのですが。

⇒ 粉ミルクらぼHomeへ

ページトップへ戻る
Copyright(C) 粉ミルクらぼ All Rights Reserved.