HOME > 作りおきは何時間後まで大丈夫か

作りおきは何時間後まで大丈夫か

赤ちゃんを育てていると、何度も作ることになるミルク。 一々作るのは非常に面倒で、特に夜中だと苦痛です。 「何回分かを作りおきしておけば楽なのでは?」と考える人もいるでしょう。 そこで、ミルクの作りおきは何時間まで大丈夫か、という話になります。

まず言っておきたいのは、ミルクはできれば作りたてをその都度与えたほうがいい、ということです。

ミルクは栄養価も高く、また温度もちょうどいい事から、雑菌繁殖には理想的な条件を持っています。 加えて赤ちゃんは内臓も未熟で免疫もないので、当たってしまうと命に関わります。可能な限り新しいミルクを与えましょう。 とはいえ、託児所やベビーシッター、外出等の諸用で、事前にミルクを調乳する必要がある場合もあります。 この場合、作りおきのミルクはどの程度持つのかを知っておく必要があります。

世界保健機関(WHO)及び国連食糧農業機関(FAO)により作成された「乳児用調製粉乳の安全な調乳、保存及び取扱いに関するガイドライン」という文章があります。これの該当箇所を要約すると、

「室温で放置する場合、2時間以内に与えるべき」

「70°C 以上のお湯を用いて調乳した後、すぐに冷却し、5°C 以下で保存。24 時間を越えたら廃棄する」 となっています。

家庭ではミルクを無菌状態で作ることはほぼ不可能なので、この程度しか保たないのです。 繰り返しますが、赤ちゃんの安全を守りたいなら、ミルクはできるだけ作りたてをその都度与えてください。 必要な時だけ作りおき、冷蔵庫でよく冷やしておいて、一日で必ず使いきってください。"

粉ミルクを長持ちさせるコツ

粉ミルクを買った時には完全に密封されていますが、一度開封したらできるだけ早めに使い切る必要があります。 消費期限や賞味期限などが書かれてありますが、それは開封しない状態での期限であることがほとんどですので注意が必要です。

しかし、最後まで使い切る前に固まってしまうこともあり、最後まで使い切ることなく余らせて捨ててしまうこともあります。 そのため、少しでも粉ミルクを長持ちさせる保存方法で保存できれば、使い切れなかった分を捨ててしまうことも少なくなります。 粉ミルクは湿気に弱いため、密封できない容器で保存していると吸湿のために、粉ミルクが固まってしまうことがあります。 一度固まってしまうと、お湯に溶けにくくなったり、風味が落ちてしまうこともあるため、捨ててしまう場合もあります。

さらに湿気を含んでしまうと、カビなどが生えてくることもあり、見た目やニオイでも変質していることがわかるようになります。 長持ちさせるためには、しっかりと外気を遮断できるような密封容器に保存するようにすると良いです。

さらに、一度開封した粉ミルクは、密閉容器に入れて冷蔵庫などで保存することができれば、より長持ちさせることもできます。

⇒ 粉ミルクらぼHomeへ

お役立ち記事

⇒ うんちのチェック

⇒ 乳児湿疹が見られる場合

⇒ ウオーターサーバーを賢く利用

⇒ 海外の粉ミルクってどう思う?

ページトップへ戻る
Copyright(C) 粉ミルクらぼ All Rights Reserved.