HOME > 粉ミルクに含まれる成長に必要な成分

粉ミルクに含まれる成長に必要な成分

母乳の栄養素は赤ちゃんの成長にとっては必要不可欠です。粉ミルクも母乳に近づけて、赤ちゃんの成長を助けるようにつくられています。

主な成分と役割

粉ミルクの主な成分は、ヌクレオチドといい、核酸の基本物質であり、毎日新しく生まれ変わる細胞に必要なもので、成長期には体内ではまかないきれないものです。これは体外から摂取することが必要になります。

ベータカロチンは目の神経伝達に不可欠で、健康維持などにも大きく働きます。

ラクトアドへリン、ラクトフェリンはたんぱく質で、体をつくるときにはとても大切な成分であり、特に成長期はかなり多くのたんぱく質が必要になります。

鉄は血液中の酸素を運ぶ成分とかかわりがあり、また、筋肉のエネルギーを生み出す役割もあります。

DHAは脳の発育や働きを良くし、カルシウムとビタミンDは骨や歯をつくり丈夫にします。

ビタミンCは免疫を高めたり、細胞の成長を助けたりします。

ビタミンEは血液や血管の成長に必要です。

アルギニンは、乳児では体内で作ることができないもので、成長ホルモンの合成にかかわり、筋肉を強くする必須アミノ酸の一種です。

このように粉ミルクには、赤ちゃんの成長に欠かせない大事な成分をきちんと配合しています。

⇒ 国内で販売されている乳児用粉ミルクの成分比較表

栄養価について

粉ミルクは、お母さんにとっても、赤ちゃんにとっても強い味方になります。 最近は、各社から様々な種類の粉ミルクが出ています。 母乳が足りない場合でも、栄養価の高い粉ミルクが開発されているので安心です。

最近は、母乳栄養が母子間の絆を強めると強調されていますが、 人工栄養の場合でも、あげ方や作り方をしっかりと行えば、 母乳に負けず劣らない効果が期待できるはずです。 むしろ、栄養価に関しては、母乳を上回る場合もあります。

赤ちゃんはやさしく抱かれると安心するので、ゆったりとした気分で接しながら、赤ちゃんの様子をしっかりと観察し、ゆっくりとミルクを飲ませてあげる事が大切です。 赤ちゃんが哺乳びんを持てるよいになり、ある程度自分で飲めるようになったとしても、だっこして飲ませてあげた方が、スキンシップがとれて、赤ちゃんにとっても良い影響を与えます。

抱っこしながら、口のところに哺乳びんを添えてあげれば、赤ちゃんは自分からじょうずに、力強く吸ってくれます。 ミルクの減り具合を見ながら、程よく哺乳びんを傾けて、いつも乳くびのところにミルクが満ちている状態にしてあげるのがベストです。 飲み方がおそくなってきたら、無理に飲ませずに、赤ちゃんのペースを大切にしましょう。

⇒ 粉ミルクらぼHomeへ

ページトップへ戻る
Copyright(C) 粉ミルクらぼ All Rights Reserved.